2009-05-13

イサキ・タックルについての考察(1)

今日は、(5/5)GWの過ごし方、(511)イサキ釣り(2009.05.10)で記したリールのインプレッションを交えたイサキ釣りのタックルについてお話ししようと思います。
 
春から夏にかけて(ベストシーズン)のイサキ釣りは、関東ではポピュラーなターゲットで、釣人の人口も多いと思うのですが、タックルについては「コレ」じゃないと駄目というところが殆どありません。
 
スルメイカ、ヤリイカ船に乗ると、乗船者の半数以上のリールがShimano電動丸イカスペシャルだし、竿も半数以上の方がFFTというプライベートブランド(三浦地区の限られた船宿では)なんですが、不思議なことにイサキについては、イサキと名の付く竿も殆どない状況です。
 
これはベストシーズンのイサキが特に何もしなくてもそこそこ喰ってくるところが所以なのでしょう。
それに加え、体格の割りには引き味がよく、数が釣れ、食味もよいところがポピュラーな要因ですね…。
 
従い、下記するタックルについてのコメントは、あくまでも私見=好みであり、参考までに留めておいてただきたい。
 
まず、竿について。
私の好むイサキ竿は、柔らかめの先調子で、少し長めのものです。
前回の釣行では、ダイワLEADING X ネライ240S(7:3調子、30号負荷、絶版)という竿を使いました。
因みに、これは兄の形見の竿です。
 
イサキは基本的に向う合わせの魚で、特に合わせを行わなくても引きが訪れたあと、ゆっくりとリールを巻き上げる(または竿を聞き上げる)程度で鈎掛りします。
そういった意味で、柔らかい竿の方が魚を喰い込ませられる面が有利です。
 
バンジージャンプを想像してみて下さい。
あの縄が全て麻だったら、堕ちきった場所で足枷がスッポ抜け、人間は滝壺に突き刺さってしまいます。
ゴムの部分が衝撃を吸収してくれるので、ビヨ~ン、ビヨ~ンと足首が縄から抜けずに落下スリルを味わえるのです。
 
釣りの場合も同じで、エサを咥えて魚が泳ぎはじめたとき、張りがある硬い竿であれば、鈎が口からスッポ抜けてしまう可能性がありますが、柔らかい竿であれば、バッファ(溜め)ができ、バラシが少なくなります。
 
次に考えなくてはいけないのが、竿の調子です。
竿の調子は大きく「先調子」と「胴調子」に区分されます。
 
イサキなどのコマセ釣りでは、コマセ籠をシャクらなければなりません。
所謂、誘いです。
イサキには柔らかい竿が向いているとコメントしましたが、このシャクリという動作に竿の硬さはどう影響するのでしょう。
やはりバンジージャンプの原理と同じで、竿が硬ければロットワークがコマセ籠にダイレクトに伝わってしまい、ギクシャクしたシャクリになります。
 
では、軟らかければいいかと言えば、一概にそうとは言えません。
軟らか過ぎる竿は硬い竿と逆に、ロットアクションがコマセ籠に伝わらず、コマセが出なくなるからです。 (柔らかい竿の代名詞、鯛竿については別の機会に触れることにします)
 
前述したことをまとめると、イサキ竿は張りのある調子の柔らかいものが適していると言えます。
具体的に言うと、調子は7:3~6:4ということになるでしょうか…。
 
調子というのは、7:3を例にすると、穂先から3割のところが曲がりの支点となり、手元側に7割が残るということです。
先の方がしなるので先調子ということになります(一方の胴調子は、中心がしなる5:5位を差します)。
 
錘負荷については、イサキで使用するビシ籠が60号前後ですので、30号負荷のものが適しています。
 
もう1つ、長さという選択があるのですが、これは皆さんの好みでよいでしょう。
竿捌きといった面では、短い竿が楽ですし、流行もショートです。
1.8~2.0mといったところですか…。
 
私の竿は2.4mとやや長めなのですが、イサキの多点掛けで、長い竿が弧を描きいなす(引きを味わう)のが堪らなく好きなので、愛用しています。
 
少し話が長くなりましたので、今日はこの辺に留め、後日、続編をしたためます。
 
2009.06.06追記 
釣具屋さんに行ったところ、イサキ向きでリーズナブルな竿を発見しました。 
アルファタックル 海人ARシャクリ210SS 
http://www.alphatackle.com/wweb/new_kaijin_ar_shakuri.html 
錘標示が10~40号で、60号のビシを背負うとオーバースペックとはなりますが、お勧め(私好み)です。 
イサキ竿を検討されている方は、是非、ご覧になってみて下さい。

1 件のコメント: